本文へスキップ

40坪の木造の店舗併用住宅の解体工事の施工例と費用

TEL. 049-298-6189

〒350-0816   埼玉県川越市上戸133-3

40坪の解体工事の施工例FLOW40

40坪の解体工事の施工例・費用

40坪の家や家屋・住宅など建物の解体工事の施工例です。昔ふうの、いわゆる、看板建築と言われるものです。パラペット状の板が建物の前面を覆っています。ここは、手壊しになる場合がありますので、費用的にも若干高くなります。

40坪の解体工事の流れ

着工前

「着工前」

通行量の多い道路に面した解体工事です。昔ふうの、いわゆる、看板建築と言われるものです。パラペット状の板が建物の前面を覆っています。ここは、手壊しになる場合がありますので、費用的にも若干高くなります。また、通行量も多いので、交通整理員の費用も嵩みます。対策として、作業スペースを確保することにしました。


養生シートの設置

「養生シートの設置」

作業スペースを、右側入口近辺と決めました。前面が歩道でしたので、道路面に養生シートを設置しました。建物のガレージ部分を手壊しするためです。養生シート内で、作業が進められます。歩道にガードマンを置き、歩行者の誘導を行います。10坪程を手壊しし、機械の設置場所を拵え、完了後、前面のシートの半分を撤去しました。


解体工事1−40坪

「解体工事1−40坪」

内装の手壊し、瓦の撤去完了後、機械が運び込まれ、機械による解体工事が始まります。通常の木造建物ですと、一日あたり、4〜5坪程度の進捗率で解体工事は進められます。軽量鉄骨ですと、その構造にもよりますが、3~4坪程度ではないでしょうか。下記のように分別解体が義務付けられていますので、思ったより時間はかかります。


解体工事2−40坪

「解体工事2−40坪」

解体工事は分別が義務付けられています。木や鉄、コンクリートなどを分別して、中間処理場などに運び込みます。ダンプに一緒に、なんでも積み込んでいいわけではないのです。上記のように、解体に日数がかかるのはそのためです。最後に残った発生材は、混合廃棄物として、処理されることになります。


基礎の撤去

「基礎の撤去」

基礎の撤去となります。基礎は、適宜、ある程度の大きさにされてから、ダンプ・トラックに積み込まれます。まだ、布基礎の解体が多いのが実際ですが、今後は、べた基礎の解体が増えていくものと思われます。また、基礎撤去後は、基礎の形状、大きさにもよりますが、地盤面が低くなりますので、ご了解下さい。


通常40坪程度の木造の解体工事は約17日で完了します

「通常40坪程度の木造の解体工事は約17日で完了します」

建物の解体工事は、完了となります。この後、整地工事をして、引き渡しとなりますが、この後、家を建てる場合で、盛土等が必要な場合は、機械を引き上げる前に打ち合わせをお願いします。また、駐車場などの位置が決まっている時は、予めお教え下さい。必要に応じて、整地の段階で、その部分の整型をしたいと思います。

      

40坪の解体工事の費用を知る

      

※ 空家の解体工事をご予定のお客様へ
  近年、空き家の解体工事ご依頼が増えておりますが、残置物(ゴミ)の処分も合わせて施工をさせておりますので、お気軽にお声かけ下さい。


盛土工事    土留工事    外構工事    舗装工事    解体工事の参考見積書

株式会社ニッケン

〒350-0816
埼玉県川越市上戸133-3

TEL 049-298-6189
FAX 049-298-6289

copyright©2015 Nikken kaitai all rights reserved.

見積り東京 見積り埼玉 見積書