本文へスキップ

31坪の木造の店舗併用住宅の解体工事の施工例と費用

TEL. 049-298-6189

〒350-0816   埼玉県川越市上戸133-3

31坪の解体工事の施工例FLOW31

31坪の解体工事の施工例・費用

31坪の店舗併用住宅の解体工事の施工例です。むかし流行った看板建築の建物です。前面道路は交通量が多くガードマン費用が嵩むため奥の家の了解を頂き、私道からの解体工事となりました。

31坪の解体工事の流れ

着工前

「着工前」

店舗併用住宅の解体工事の施工例です。むかし流行った看板建築の建物です。前面道路は交通量が多くガードマン費用が嵩むため奥の家の了解を頂き、私道からの解体工事となりました。


足場の設置

「足場の設置」

道路側、裏と左隣の方向に単管足場を設置します。道路側は公道の歩道部分でしたが、お客様に役所と連絡をとって頂き、歩道の舗装部分に足場を立てる許可をもらって頂きました。


養生シートの設置

「養生シートの設置」

設置された足場パイプに、防災シートを掛けます。防災シートは、、毎日夕方の作業引上げ時に、毎日降ろし、翌日の朝、また、かけなおします。夜中に風が吹き、シートが音をたて、睡眠を妨げることが儘あるためです。


瓦の撤去

「瓦の撤去」

瓦は人力で撤去されます。写真は2Tトラックの車体に足場パイプを縛り付け、それにシートを張った様子です。屋根の瓦を外し、トラックに入れた時に、飛び散って道路に散乱するのを防ぐためです。


店舗の解体工事1-31坪

「店舗の解体工事1-31坪」

壁そのものが鉄骨基礎で出来ていて丈夫でしたので、歩道上の安全の為、道路側の壁を残し、店舗の解体工事を進めます。店舗の躯体の解体工事が進み、基礎撤去の後、最後に取り壊すことに決めました。


店舗の解体工事2-31坪

「店舗の解体工事2-31坪」

基礎の撤去・店舗前面の解体工事となります。築年齢が40年近かったので、基礎は割合、小さ目でした。基礎の撤去完了後、道路面の壁の撤去となります。


整地工事て

「整地工事」

建物及び基礎の解体終了後、水道や下水。ガスの配管を撤去処分します。場内を全体的に探って、地下埋設物がないことを確認したのち、整地工事をします。


通常31坪程度の木造の解体工事は約12日で完了します

「通常31坪程度の木造の解体工事は約12日で完了します」

店舗解体工事の完了後、滅失届【解体証明】を、印鑑証明・会社謄本と一緒にお客様に提出。歩道を使用させて頂い役所に完了の電話を入れ、全ての終了となりました。。

      

31坪の解体工事の費用を知る

      

※ 空家の解体工事をご予定のお客様へ
  近年、空き家の解体工事ご依頼が増えておりますが、残置物(ゴミ)の処分も合わせて施工をさせておりますので、お気軽にお声かけ下さい。


盛土工事    土留工事    外構工事    舗装工事    解体工事の参考見積書

株式会社ニッケン

〒350-0816
埼玉県川越市上戸133-3

TEL 049-298-6189
FAX 049-298-6289

copyright©2015 Nikken kaitai all rights reserved.

見積り東京 見積り埼玉 見積書